小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

スポーツ用品市場/2017年の国内規模、前年比2.6%増の1兆4555億円を予測

矢野経済研究所は6月12日、スポーツ用品市場に関する調査(2017年)を発表した。

2016 年のスポーツ用品国内市場は前年比1.9%増の1兆4186億9,000万円の見込み。18分野中4分野で市場成長を遂げ堅調な推移をしている。

スポーツ用品国内市場で約2割を占めるスポーツシューズは6.7%増の2601億円で、全18分野のなかで最も高い成長率と見込んでいる。

これまで過熱したインバウンド(訪日外国人客)需要が落ち着きを見せたことで成長率は前年から鈍化したものの、スニーカーブームやランニングブームの旺盛な消費者需要に支えられプラス成長を維持するとみる。

2017年のスポーツ用品国内市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比2.6%の1兆4555億5000万円を予測する。

2017年は円相場が再び円安基調で推移し、インバウンド需要が期待されるほか、
ランニングブームも依然として継続していることから、スポーツ用品国内市場は今後も安定して推移すると想定している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧