小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

TSI/販売機能を再構築

TSIホールディングスは6月15日、グループの販売機能を再構築すると発表した。

昨年9月に買収した労働者派遣業者であるフォーラルを母体としてエス・グルーヴと社名変更の上、新たに販売子会社を発足させる。

9月1日から、グループ子会社のうちの東京スタイル、サンエー・インターナショナル、TSIグルーヴアンドスポーツの3社の販売部門と店頭スタッフを新会社に集約し、社員総数約1500人の組織体制で同3社の販売機能を受託する。

上記以外のグループ子会社についても各社のニーズに対応した柔軟なサービスを提供し販売機能の活性化と効率化を進める予定だ。

労働者派遣事業の専門ノウハウをグループ横断的に幅広く活用することにより、販売員の働き方の多様化を実現する。

新会社1社で集中管理することにより販売現場のニーズに柔軟に対応でき、スケールメリットを活かすことにより人材配置の効率化と迅速化が可能となるとともに、キャリアアップなどの人事戦略を長期的に組むことができる。

加えて、経験豊かなスタッフをトレーナーとして幅広く活用することにより、研修や販売指導の更なる充実化を図る。

販売員配置のマネジメント単位を見直して裁量余地を広げることにより、将来的には生産性の向上や社員のワークライフバランスの飛躍的向上も可能になるという。

アパレル業を中心とする小売市場を取り巻く労働環境が非常に厳しくなる中、グループは発足以降、販売スタッフがより高いモチベーションで、より働き易くするための方策について検討を重ねていた。

採用、教育研修、長期的なキャリア形成等をより良い形で実現していくためには、子会社毎に個別に販売業務を運営していたこれまでの体制よりも、販路が類似する複数のグループ子会社の販売機能を集約することでスケールメリットを活かす体制がより効率的かつ合理的であると判断した。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧