小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

Amazonフレッシュ/配送対象エリアを拡大、7万点の商品追加

アマゾンジャパンは6月15日、生鮮食品や専門店グルメ、日用品をまとめてお届けするAmazonプライム会員向けサービス「Amazonフレッシュ」の配送対象エリアを拡大した。

4月21日にサービスの提供を開始した時点の配送対象エリアは、東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)だった。

今回、東京都の18区、狛江市、調布市、千葉県の市川市、浦安市、神奈川県川崎市(いずれも一部エリアを除く)に拡大し、より多くのAmazonプライム会員が利用できるようになった。

Amazonフレッシュでは、日用品を中心とした7万点の商品を新たに追加し、合計で17万点以上の品そろえとなった。

野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品といった1万7000点以上の新鮮で高品質な食料品のほか、キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品、ペット用品など、16万点以上の日用品・雑貨も購入できる。

「専門店グルメ」では、「人形町今半」の精肉や「魚の北辰」の刺身など、日本のお客から支持される各専門店のこだわりの食品・食材も多数取りそろえた。

現在、Amazonフレッシュでは、「新鮮市」を週に2回(毎週火曜日と金曜日)開催し、契約農園から仕入れた採れたての新鮮な野菜や、築地市場で仕入れてその日の早朝に加工された新鮮な鮮魚を販売している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧