小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イケア/商品886点を値下げ、平均値下率22%

イケア・ジャパンは8月24日、886品目の人気商品を「NEW LOWER PRICE」として値下げすると発表した。

<値下げ商品の一例>
値下げ商品の一例

同日から622品目を値下げし、冬と来春にかけて残りを値下げする。

値上げ率の最も大きい商品は、IVRIGグラスで税込149円が69円となり、値下率は54%。

そのほか、シーヴィック2人掛けソファ3万9990円が2万9990円(値下率25%)、ストゥヴァロフトベッドフレームデスク&収納付き5万9990円が4万99990円(値下率17%)などを販売し、平均値下率は約22%となる。

<新旧価格の一例>
新旧価格の一例

同日、都内で会見したヘレン・フォン・ライス社長は「人気商品であるほど大量生産が可能となり、製造過程やパッケージング、輸送にかかわるコストが効率化され、値下げをすることが可能となる。日本の景気は緩やかに回復しているが、よりお買い得に商品を販売することで消費を活性化したい」と述べた。

イケア・ジャパンは2009年に、愛知県弥富市に物流センターが稼働しことをきっかけに、約1450品目を平均で約25%の値下げを行っている。

年間を通じて、個別商品ごとの値下げを行っているが、数百点を対象にした一斉値下げは、日本では2回目となる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧