流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

セブン-イレブン/派遣センターのサービス対象地域を全国に拡大

セブン‐イレブン・ジャパンとツナグ・ソリューションズは9月18日から順次、両社が連携して進めている「派遣センター」のサービス対象地域を全国に拡大する。

派遣センターは、セブン‐イレブン・ジャパンが、ツナグ・ソリューションズに運営を業務委託し、「セブン‐イレブン加盟店の派遣依頼の集約」「提携派遣会社への情報提供」「派遣スタッフの事前研修」などを通じて、加盟店の従業員確保をサポートする。

<派遣センターの概要>

急な冠婚葬祭への出席や、主力となる店舗スタッフの退職、長期休暇など、スポット的に従業員が必要となる時に、人材を派遣するサービス。派遣期間は最短1日で、ほとんどは1か月以内が多いという。

短期間で必要となる人材を募集する場合、レジ打ちなどの基本業務を店舗で教育する手間がかかり、実際に店舗が人材を必要とする時期と人材が戦力化する時期がずれるといった課題があった。

派遣センターでは、ツナグ・ソリューションズが、セブン-イレブンのスタッフとして必要とされる業務研修を行っており、従業員トレーニングの認定を受けた人材を派遣するため、即戦力が活用できる。

サービスは2015年8月の開始から現在まで、北海道、東北、関東、北陸、東海等の地域にある約5000店の加盟店を対象とし、今年7月の実績では、月間4200シフトの人材を派遣した。

派遣センターが業務を取りまとめることで、派遣契約率を改善し、業界平均を大きく上回る約70%の実績となった。

両社は、新たに関西、中国、四国、九州など、全国の主要都市にある加盟店にサービスを拡大し、2019年春までに出店エリア46都道府県への展開を予定している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析