小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユニー・ファミマHD、ドンキHD/資本・業務提携の最終契約書を締結

ユニー・ファミリーマートホールディングスとドンキホーテホールディングスは8月31日、資本・業務提携に関する最終契約書を締結したと発表した。

8月24日、ユニー・ファミリーマートHDの100%子会社であるユニー株式の一部をドンキホーテHDに譲渡すると発表していた。

譲渡株式数は8万株で、譲渡後の所有株式数ユニー・ファミリーマートHD12万株(所有割合60%)、ドンキホーテHD8万株(所有割合40%)となる。株式譲渡実行日は11月を予定している。

提携により、ドン・キホーテがユニーの閉店店舗へ居抜き出店するほか、営業を継続するユニーの店舗で、MEGAドン・キホーテとユニーのダブルネームを店舗を展開する。

また、ファミリマートがドン・キホーテ店舗約50店の店内に出店する予定だ。

ファミリーマートのドン・キホーテ店舗への出店やデジタルソリューションの共同開発とビックデータ活用、商品の共同開発・共同仕入れ・共同販促、物流機能の合理化を検討する。

海外市場と新業態開発での協働、人事交流、金融などのサービスを協議する。

両社が展開するポイントの相互利用のほか、電子マネー・ポイントカード、顧客IDの共通化などの金融サービスの導入を検討する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧