小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン/モリシア津田沼店と南砂町スナモ店、ダイエー店舗にリニューアル

イオンは9月5日、イオンリテールが運営する「イオンモリシア津田沼店」(千葉県習志野市)と「イオン南砂町スナモ店」(東京都江東区)の運営をダイエーに移管し、ダイエー店舗としてリニューアルする。

<イオンフードスタイル>
イオンフードスタイル

店舗名称を「ダイエーモリシア津田沼店」「ダイエー南砂町スナモ店」に改め、店内に「イオンフードスタイル バイ ダイエー」を導入する。

モリシア津田沼店は2008年3月に、旧ダイエー津田沼店の跡地にイオンが出店し、南砂町スナモ店は同年10月に、イオンが出店した。

イオンリテールが運営する店舗をダイエーに譲渡するのは初めて。両店の従業員は、ダイエーが引き継ぐ。

2015年4月にダイエーを首都圏と京阪神の食品スーパー事業に特化する方針を打ち出していた。

今回、総合スーパーを中心に展開するイオンリテールが、関東の2店舗の運営をダイエーに移管することで、事業区分をより明確にする。

イオンリテールは食品スーパーを宮城に1店、新潟に9店展開しているが、いずれもダイエーの展開地域ではないため、ダイエーに店舗を譲渡することはないという。

イオンリテールとダイエーの広報部は、「これまで発表しているダイエーの事業再生計画を推進する一環で、店舗名称は店舗を運営する事業会社にあわせた」とコメントしている。

両店とも、「イオンフードスタイル」業態に移行することで、食品スーパーとしての魅力度をより高める。

<サラダ商品の一例>
サラダ商品の一例

ミックスサラダ、トマトサラダなどの定番サラダのほか、特定の栄養素が高い野菜を使用した栄養チャージサラダ、細長くスライスした野菜を麺のように食べるベジヌードル、ミートグリルなどと合わせた一食完結サラダなど展開する。

ヘルス&ウェルネスをテーマにした加工食品コーナーを導入。こんにゃく・おから・海藻・豆腐を主原料としたヘルシー麺、甘酒・麺飲料、ノンオイルドレッシング、無添加味噌、カフェインレスコーヒーなど、健康志向の高い人の支持が高い商品を集積する。

イートインコーナーを両店とも移設拡大し、モリシア津田沼店は94席、南砂町スナモ店は53席のイートインコーナーを設置する。

なお、ダイエーの店舗名称を今後も継続して使用するかについては未定だという。

店舗概要
ダイエーモリシア津田沼店
所在地:千葉県習志野市谷津1-16-1
売場面積:約3600m2
営業時間:10時~23時

ダイエー南砂町スナモ店
所在地:東京都江東区新砂3-4-31
売場面積:約2200m2
営業時間:9時~23時

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧