小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

メルシャン/長野県にワイナリー2か所新設

メルシャンは、長野県に2018年9月に「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原ワイナリー」(塩尻市)、2019年秋に「シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー」(上田市)を新設する。

<3つのワイナリーを拠点>
3つのワイナリーを拠点

また、新規ワイナリー設立に合わせて、現在山梨県甲州市勝沼町にあるワイナリーは、「シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー」として、2018年6月に一部見学コースをリニューアルする。

<勝沼ワイナリーは一部見学コースをリニューアル>
勝沼ワイナリーは一部見学コースをリニューアル

新規ワイナリーを加えた3つのワイナリーを拠点とし、2027年に日本ワイン販売数量6.7万箱を目指す。今回、ワイナリーを新設することで、産地ごとの多様なブドウの個性を生かしたワイン造りをさらに推進していく。

ワイナリーを新設する長野県の塩尻市と上田市には、シャトー・メルシャンの自社管理畑があり、開園当初より、行政や地域の支援を受け、ワイン用ブドウの産地として育んできた。

<桔梗ヶ原ワイナリー イメージ>
桔梗ヶ原ワイナリー

塩尻市には、1976年に「メルロー」の契約栽培を開始した「長野県塩尻市桔梗ヶ原地区」があり、「シャトー・メルシャン」のフラッグシップワインともいえる「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー」のブドウ産地。2015年には新たに片丘地区に約9ヘクタールのブドウ畑を開園した。

<椀子ワイナリー イメージ>
椀子ワイナリー

上田市丸子地区陣場台地には、2003年に開園した同社最大の自社管理畑「椀子(マリコ)ヴィンヤード」があり、ここで収穫されたブドウで造られた「マリコ・ヴィンヤード」シリーズのワインは、国内外から高い評価を獲得している。

■シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原ワイナリー 概要
所在地:長野県塩尻市大字宗賀1298-80
可動予定年月:2018年9月(予定)
生産能力:約1000~1500箱(初年度、720ml換算)
設備投資内容:建屋リニューアルと醸造設備の新設  

■シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー 概要
所在地:長野県上田市塩川字藤平4380番地
可動予定年月:2019年秋(予定)
生産能力:約5000箱(初年度、720ml換算)
設備投資内容:ワイナリー新設

■「シャトー・メルシャン 勝沼ワイナリー」リニューアルの概要
リニューアルの内容:醸造エリア見学用設備設置
所在地:山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1
オープン予定:2018年6月(予定)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧