小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユニクロ/サンフランシスコ店にバーチャル試着システム

大日本印刷(DNP)は10月15日、デジタルサイネージ(電子看板)を活用して、豊富なカラーバリエーションを持つ衣類をディスプレー上で楽しみながら試着できる「バーチャル試着システム」を開発したと発表した。

<バーチャル試着システム>

システムは、ユニクロが10月5日にオープンしたサンフランシスコ店で、来店した顧客が自分に合った商品を楽しく気軽に選べる環境を提供したいというニーズを受けて開発したもの。

<鏡としての状態>

「普段は鏡として使われている部分が、システム利用時にはディスプレーに様変わりするサプライズな店舗演出で、UNIQLO MAGIC MIRRORとして店内に2台設置し、運用を開始した」(同社)。

60インチの大型ディスプレーとタブレット端末、カメラで構成され、AR(拡張現実)の技術を活用した。豊富なカラーバリエーションを持つ衣類を一つひとつ着ることなく、簡単な操作でバーチャルに試着できるという。

大型ディスプレーは、通常は鏡として使用し、システム利用時に画像を表示するハーフミラー。AR技術によって、衣類の色からジャケットやフリースなどの商品の種類を識別する。

来店者が試着用の商品を着て鏡の前に立ち、鏡の横に設置したタブレット端末で希望の色を指定することで、その場で気軽にカラーバリエーションを楽しむこともできるという。

試着対象商品は、プレミアムダウンウルトラライトジャケット(MEN:12カラー、WOMEN:8カラー)、フリース(MEN:25カラー、WOMEN:25カラー)。

試着用の商品を着て端末を操作するだけで、豊富なカラーバリエーションを簡単に試すことができ、具体的に似合う色をイメージがしやすくなるため、商品購入へとつなげる効果が期待できる。

タブレット端末のメニューには、バーチャルに試着して気に入った自分の姿を撮影し、その画像をメールで送ったり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿できる機能がある。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧