小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

アスクル/ごちクルと提携、11月にお弁当の宅配を開始

アスクルは7月4日、お弁当・ケータリングの総合宅配サービス「ごちクル」を運営するスターフェスティバルと業務・資本提携すると発表した。

提携により、11月を目標に「ごちクル」をアスクルのサービスとして採用し、スタフェスの顧客基盤をスピーディーに拡大させ事業成長に寄与する。

スタフェスの配送は、事業の特徴から昼と夕方の時間帯に集中する傾向があり、より配送密度を高めるとともに、配送を効率化することが必須となっている。

スタフェスの弁当をアスクルの100%子会社であるBizexの配送サービスを活用し配送すること、スタフェス配送車の空き時間をアスクルサービスに活用することにより、配送密度と配送効率の向上を図るべく早急にテストを開始し、効果を見ながら順次対象エリア・時間帯を拡大し、両社のコストダウンを図る。

スタフェスは、第三者割当によりアスクルを割当先としてスタフェスの普通株式12,000株を発行する予定で、同時にアスクルはスタフェスの既存株主から5,000株の普通株式を譲受する予定だ。アスクルの所有議決権割合14.2%となる計画だ。

さらに、スタフェスは、アスクルを割当先として新株予約権付社債9,000個を割り当てる予定で、第三者割当・株式譲受後かつ本新株予約権を全て権利行使した後の所有議決権割合は20%超となる。株式の取得価格は28億4100万円。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧