小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

池袋駅西口/東武百貨店、西口公園を含む5.3haを再開発

池袋駅西口地区市街地再開発準備組合はこのほど、三菱地所と三菱地所レジデンスの2社を事業協力者として承認した。

<再開発計画の対象地区>
再開発計画の対象地区

池袋駅西口に位置する東武百貨店(メトロポリタンビルを除く)、西口公園、バスターミナルを一体で開発するもの。対象区域の面積は、宅地面積約2.7ha、道路面積約2.3ha、公園面積約0.3ha、合計5.3ha。

2018年度に都市計画を決定、2020年度に再開発組合の設立許可、2023年度以降に、既存建物の解体除去工事・新築工事を開始する予定だ。
<開発イメージ>
開発イメージ

駅前に高層棟3棟を設置するほか、池袋駅東口につながる東西デッキを整備する計画だ。3月に豊島区は、「池袋駅東西連絡通路(東西デッキ)整備基本構想」を策定している。

<まちづくり基本構想案>
まちづくり基本構想案

まちづくりのコンセプト案は、つながるまち:街と駅、人と人、東と西、世代、みどり、今と未来、街と街、地下と地上をつなぐとした。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧