流通ニュース

小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

ニュース配信登録/変更
  1. LNEWS
  2. メーカーニュース

JR千葉駅/53年ぶりに駅舎を一新、商業施設「ペリエ千葉エキナカ」開業

JR東日本と千葉ステーションビルは11月20日、JR千葉駅の駅舎を53年ぶりに一新しエキナカ商業施設「ペリエ千葉エキナカ」をオープンする。

2018年夏以降まで3期に分けて、駅舎を一新し駅ビルなどを整備する計画で、第1期開業をする。

高架下1階の千葉駅東口改札・コンコースを線路上空の3階に移転し、東側改札と西口改札を同一フロアでつなげ、エキナカ商業施設を設けた。

<千葉駅3階平面図>
千葉駅3階平面図

店舗面積2000m2に、生鮮三品・惣菜・スイーツ・グロッサリー・生活雑貨・カフェなど48店を集積。営業時間は平日・土8時~22時、日・祝日9時~21時とした。

JR千葉駅の1日の乗降客数は約21万人で、駅を利用する通勤・通学の利用者を中心に、日常的に使いやすい店舗をそろえた。

2017年春以降には、エキナカの4階部分を開業する予定。4階の店舗面積は1300m2で、改札口と異なるフロアになることから、フリースペースを設置した滞在型のテナント構成を検討している。

<ペリエ千葉エキナカ>
ペリエ千葉エキナカ

千葉の「いいモノ」と都市型のライフスタイルがミックスした日常を提案。エキナカのテーマとして、千葉の魅力を伝えるため千葉県産の商品を千葉県内で消費する「千産千消(ちさんちしょう)」の推進に力を入れ、地元企業の誘致や地元食材の積極的な使用に取り組んだ。

<改札内のコンコース部分に店舗展開>
改札内のコンコース部分に店舗展開

新ブランドショップ7店、千葉県企業の店舗10店、千葉県初出店の店舗17店、エキナカ初出店の店舗22店(属性は重複あり)をそろえた。

<フロアマップ>
フロアマップ

エキナカ中央部分を、生鮮三品・惣菜ゾーン、スイーツ・グロサリーゾーンの2つで構成。ホームや改札口につながる壁面は、機能性を重視した路面店的な専門店で構成した。

<ころくや>
ころくや

<魚力>
魚力

<タカギフーズ>
タカギフーズ

次>> 生鮮三品はエキナカ初出店の店舗を誘致

次へ> 1 2 3

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析