小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

京橋エドグラン/目標来館者数400万人、飲食店中心に33店を集積

京橋二丁目西地区市街地再開発組合は11月25日、東京メトロ銀座線「京橋」駅直結の複合施設「京橋エドグラン」をオープンする。

<京橋エドグラン>
京橋エドグラン

超高層の免震オフィスを中心に、多様なオープンスペースを有する店舗エリア、中央区指定有形文化財である「明治屋京橋ビル」で構成する複合施設。

日本土地建物が特定業務代行者の代表企業を務め再開発を進めた。共用部分も含む店舗専有面積は約5500m2で、地下1階と地上1階を中心に飲食店など33店が出店する。

<1階中央広場 ガレリア>
1階中央広場 ガレリア

目標年間来館者数は約400万人、開発コンセプトは「根ざし、育ち、実を結ぶ。Like A Big Tree.」で、大きな木に寄り添い、その木陰で憩うように、働きやすく、賑わいがあり、「東京で、いちばん心地のよい居場所がある街」を目指した。

<商業施設エリアに20か所のレストスペースを設置>
商業施設エリアに20か所のレストスペースを設置

東京で、いちばん心地のよい居場所を目指し、地下1階、地上1階の商業施設エリアには、合計で20か所のレストスペースを設置した。

<屋外用ソファを設置>
屋外用ソファを設置

共用部分のレストスペースには、ハイグレードで洗練された屋外用家具を設置。雨に濡れても使用できるアクリル素材でできたソファーなども配置した。

<地下1階のテラス席>
地下1階のテラス席

次>> 地下1階と地上1階を中心に飲食店街を構成

次へ> 1 2 3 4 5 6

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧