小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

楽天Edy/オートチャージ対応加盟店を3万4000店に拡大

楽天Edyは4月3日、残高不足解消機能「Edyオートチャージ」に対応した加盟店を拡大し、残高不足時に「Edy機能付き楽天カード」を店頭の決済端末にかざすと、自動的にEdyがチャージされるサービスを開始した。

楽天Edyは、2015年6月から「Edyオートチャージ」を提供し、「Edy機能付き楽天カード」にチャージされたEdyの残高不足を解消してきた。

今回、コンビニエンスストアの「ローソン」など、Edyオートチャージ機能に対応した加盟店を約3万4000店に拡大した。

「Edyオートチャージ」は、「Edy機能付き楽天カード」にチャージされたEdyの残高があらかじめ設定した金額を下回ると、自動的にEdyをチャージする仕組み。

ユーザーは、「Edyオートチャージ」機能に対応した決済端末に「Edy機能付き楽天カード」をかざすだけで簡単にチャージできるので、Edyの残高不足を心配せずに買い物ができる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧