小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

小田急/新宿駅に多言語案内機と多言語駅周辺案内図を設置

小田急電鉄は5月18日、多くの訪日外国人旅行者が訪れる新宿駅構内に、「多言語案内機」「多言語駅周辺案内図」の設置を順次、開始した。

<設置イメージ>
設置イメージ

対応言語は、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、日本語で、設置場所は、新宿駅西口(地上・地下)、南口の券売機スペースに、各1台(合計3台)を配置した。

多言語案内機は、新宿駅周辺や、小田急が勧める施設・店舗の情報や道順案内や小田急沿線の観光スポット(新宿、箱根、江の島・鎌倉、丹沢・大山)や施設の案内を行う。

小田急線、箱根登山線、箱根登山ケーブルカーの乗換・運賃検索の案内、特急券・割引周遊券(箱根、江の島・鎌倉、丹沢・大山)の購入方法や商品内容の案内も実施。

「小田急フリーWi-Fi」のご利用方法やスマートフォン用アプリの案内や携帯電話の読み取り機能(QRコードやNFCリーダー)による情報提供もする。

多言語駅周辺案内図は、デジタルサイネージ化された地図広告で、小田急線新宿駅から目的地までの道順案内や地図上における施設・店舗に関する情報のほか、小田急線新宿駅構内の施設やその位置・道順の案内を行う。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧