小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

インスタ映えする投稿/食べ物や食事に「いいね!」が付きやすい傾向

スナップレイスは5月22日、インスタ映え分析データを初公開した。

若い女性を中心に利用者を増やしているインスタグラムは、写真・動画投稿のSNSアプリで、インスタグラムで「いいね!」が付きやすい投稿は「インスタ映え」する投稿と呼ばれている。

スナップレイスではインスタグラムを含めたSNS上のあらゆる投稿を分析し、SNS映えするスポットだけを集めて地図上にマッピングしたサイトSnaplaceを運営しているが、今回SNS映えする写真の特徴を分析したデータを初めて公開した。

分析対象となるデータは、Snaplaceサイトに掲載されている約3000スポットのうち、フォトジェニック「Cool!」に該当するスポット、笑い・ネタ「Haha!」に該当するスポットの全写真。

それらの全写真を分析し、画像の中に含まれている構成要素(料理、スイーツ、植物、お花など)の抽出と、主力の構成色・カラーの抽出を行い、集計した。

フォトジェニック「Cool!」の構成要素を見てみると、最も多かったのは「食べ物」や「食事」だった。

その次に「小物」、「レストラン」、「お皿に盛られた料理」が続いた。「部屋」や「インテリア」と、おしゃれな空間がやはりインスタでは反響が高いことが分かった。

「海」や「海岸」が続いて評価が高くなった。「お花」や「植物」もインスタ上では評価が高いという。

次に面白い・ネタ「Haha!」の構成要素を見てみると、こちらも「食べ物」や「お皿に盛られた料理」、「食事」などが上位を占め、フォトジェニックと比較してもその比率が高いことが分かった。

一方、フォトジェニックでは次に「部屋」や「インテリア」などのおしゃれなものが続いたが、面白・ネタ部門では「芸術作品」や「寺院」、「建造物」が続いていた。

その次にも、「銅像」や「モニュメント・像」などが上がった。

フォトジェニックな写真の色を分析をすると、可愛い「赤」や「ピンク色」、パステルカラーの「エメラルドグリーン」や「青い空のブルー」などが多くなった。

笑い・ネタ系の写真の色を見てみると、フォトジェニックな投稿とは異なり、「濃い目の茶色」や「濃いブルー」、「ダークレッド」などの色が多くなっていたという。

■Snaplace(スナップレイス)
https://snaplace.jp/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧