小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

10月の値上げに対する意識調査/値切るのに熱心なのは鹿児島県

凸版印刷が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、「Shufoo!」を利用する全国の男女5万7865名を対象に、10月の商品・サービスの値上げに際しての節約に関する意識調査を実施した。

2017年10月以降の食用油や野菜、たばこ、宅配料金といった商品・サービスの値上げに関して、「知っている」、「知らない」人がそれぞれ約半数であり、値上げにより今後の購買行動がより慎重になる姿勢を示していることが分かった。

<節約のために改めて意識すること>
節約のために改めて意識すること

また、節約のために改めて意識することは「特売商品」、「ポイント割引」、「安い食材で代用」という回答が最も多く、結果として、今後は節約のために「買い方」に工夫することを意識している消費者の姿が浮き彫りになった。

10月の値上げを知っている人は全体で約半数の53%(一方で、約半数の人は値上げを「知らない」と回答)。

<商品の衝動買いをする機会は減ると思うか>

商品の衝動買いをする機会は減ると思うか、という質問に対し、全体の69%が「思う」、「やや思う」と回答した。

男女で比較すると、女性の方が男性よりも8.3%慎重になる傾向が強いことがわかった。

節約意識への影響度合いについて聞いてみたところ、影響が「大きい」、「やや大きい」と答えた人は77%。

都道府県別にみると、大阪府は76.7%(47都道府県中36位)に対し、鹿児島県と山梨県が84.3%と全国1位という結果になった。

<値切る機会は増えるか>
値切る機会は増えるか

また、商品・サービスの値上げを受けて、値切る機会は増えると「思う」、「やや思う」と回答したのは、都道府県別で比較すると、東京都、大阪府などの主要な都道府県をおさえて鹿児島県在住の人が最も多く、40.7%という結果となった。

<お小遣いを減らすか>
お小遣いを減らすか

さらに、商品・サービスの値上がりを受けて、ご主人のお小遣いを減らそうと「思う」、「やや思う」と回答したのは、全国平均24%に対し、九州エリアは29.9%と全国エリアで一番高かった。

特に、宮崎県の既婚女性が全国で最も多く38.2%、次に鹿児島県が37.6%だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

倉庫.com 最新テナント情報

POS分析一覧